国産の皮まで食べれるマイヤーレモン

2017022708050001.jpg

お買物の途中、黄味が強い橙色のまんまるな果実が目にとまり、
よ~く見ると値札部分に「国産レモン」と書かれている。
いやこれって表示が間違ってるっしょ~と思いきや、
「これぞこだわりのマイヤーレモン!」という札が足元に落ちて
いました。写真付きだったので「えっホンマなん?」と拾って
手にとり見比べても、クエスチョンマーク一杯の片野です。
「レモン」に間違いないのか?!早速、買ってみました♪

三重県の『たかみ農園』さんはマイヤーレモン専門に
超こだわって育てておられるそうです。。調べたよ(笑)
9月から11月のマイヤーレモンは目にも鮮やかなグリーン!
12月は少し黄味がかってきて1月から3月はだんだんキレイな
オレンジ色に…。
写真を撮る為半分に切ったら、あふれる果汁にびっくり!
まろっとした酸味!!私好みのフルーティな香りは明らかに
レモンだ!!別名、皮まで食べられるレモンと呼ばれる理由は
ワックス処理なし!防腐剤・防カビ剤を不使用!除草剤不使用!
そして化学肥料も使わないから安心して皮ごと絞ってもいいよ~
ということなんですね。
季節に応じて味わいと香りも変わるレモン、よぉ~しっ!

外国産のレモンはワックスが…気になるよね、これなら皮ごと
ジャムや料理にも使えるぅ~。 出逢いに感謝っ❤
ハイッ!今日は楽しい雛まつり♪

 

▼本日のブログで紹介したマイヤーレモンはコチラから
たかみ農園

コメントは受け付けていません。