生野銀山

20160404

兵庫県朝来市にある生野銀山、
よく学校の郊外学習で連れて行かれる
あの場所を見学して予想外に楽しかった戎です。

竹田城跡まで来たので軽い気持ちで立ち寄ったのですが、
なかなか感動しました。

何も前知識は無かったのですが、坑内の所々に
等身大のマネキンがたくさんいて
銀山の掘り方や仕事ぶりを分かり易く
学べるようになっていました。
常に危険と隣り合わせで重労働の過酷な環境の中、
女性も中で働いてた事実には驚きました。

各洞窟内には鳥かごが吊ってあり、
ガス漏れが発生したら鳥達の状態ですぐ分かる
ようになっていて、緊迫感が伝わってきます。
先人たちの大変さが身に染みました。

ここから姫路の播磨港まで「銀の馬車道」を通って運ばれて・・・
ふう〜。頭が下がる思いです。

周りには、資料館や展示室もあり
当時の暮らしが丁寧に解説されているので
興味のある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

坑内は真夏でも寒いぐらいなので、羽織り物は忘れずに・・・。

コメントは受け付けていません。