四天王寺

2016112311060000.jpg

普段遠出の少ない片野が先月大阪へ行った理由は四天王寺さんへの
お参りのためでした。昔々大学時代に一度見学に行ったきりで、広い
広~い境内と日本最初の大寺院という記憶が残っていた私でした。

四天王寺の歴史は古く、聖徳太子が創建した七大寺の一つで、1400年
以上も前、推古天皇元年(593年)の建立です。甲子園球場の三倍の広さ!
総面積が3万3千坪(約11万㎡)を有する境内には四天王寺式伽藍のほか、
聖徳太子の御霊を崇る聖霊院(太子殿)があり、創建当時の品々など
500点あまりの国宝・重要文化財を所蔵する宝物館もあります。

近年では1934年の室戸台風の際、境内全域が相当な被害を被りました。
1940年、努力の末に五重塔が再建されましたが、それも束の間、1945年の
大阪大空襲により、伽藍の北の一部の建物を残し、再び境内のほぼ全域が
灰燼に帰しました。復興された現在の建物は創建当時(飛鳥時代)の様式
を忠実に再現しており、古代の建築様式が今に残るのは貴重といえます。
この写真の塔は再建を繰り返すこと‥なんと8代目なんです!!!
歴史的な建造物を残すのはその時代ごとの壮大なる努力!大変なことです。
私が行った日も大規模な中心伽藍耐震改修工事の真っ最中でしたので、
天幕が張りめぐらされていました( 来年まで続きまする )。

何度も何度も被害を受け、厳しい状況に置かれても庶民信仰の寺・お太子
さまの寺として深い信仰を受け続け、新西国三十三観音霊場第一番などの
札所にもなっている四天王寺さんに更なる感動!を受け・・・
歴女の血❤が再び目覚めた旅となりました(笑)
寒い一日でしたが、初めて四天王寺さんへ参った義母も家人も
「行ってヨカッタ!」ヽ(≧∀≦)ノ と口を揃えておりましたよ~。

コメントは受け付けていません。