ドクター・ストレンジ

20170227

「SHERLOCK」でお馴染みベネディクト・カンバーバッチの新作
「ドクター・ストレンジ」を観てきました。

平日のレイトショーだったので
観客は宮田を含めてもたったの9人!
指定席だけどどこでも座れそうな状況でした。

予告編の映像から「酔うかも?」と若干心配しておりましたが
2Dだったからか全く平気でした。
流れるようなCGは全く違和感がありません。
今までにMARVEL作品をあまり観ていないせいか
少しストーリー展開がわかりづらい所もありましたが
今どきと言える音楽や人名が登場したり、
ちょっと笑えるところもあって単純に面白い映画でした。

最初は超が付くほど傲慢でものすごく嫌なやつだった
ドクター・ストレンジですが、
人の命を救うために医者になったのだから
たとえ敵であっても殺したくないと苦悩したり、
成功にこだわっていたのは
ただただ失敗を恐れていたからだとわかって
人間味が出てより魅力的になりました。

本編終了後エンドロール付近に2度映像が続きます。
ご覧になる方は必ず最後までお席にお残りくださいね!

コメントは受け付けていません。