自分のルーツをたどる

20160520

おはようございます。河島です。

実家に帰った際、最近父と一緒に楽しんでいることがあります。
それが「家系図」作りです。
ご先祖の100回忌の際、父がお坊さんに先祖のことを
聞いたのがきっかけでいまに至ります。

自分のルーツを知る、ということに今まであまり
興味がなかったのですが、古い戸籍をみると
とたんにわくわくしてきました。

戸籍上ではどんな人だったか、どんな仕事をしていたか
なんで亡くなったかなど、詳しいことはわかりません。
(戦死の場合と、亡くなった場所はわかります)

お寺にはそういったことも残っていることがあり
だんだんとご先祖が想像できるようになります。

私と父が調べて分かっている一番古い先祖は
江戸時代に生まれています。
なんてこったいです。
当たり前ですが、少し地名が違っていたり
なんと家の住所が違っていました!

江戸まではたどれなくても、蔵をあけたら
何か分かりそうなので、次の帰省は絶対蔵をあけたい次第です!

コメントは受け付けていません。