抜けぬ

20170223

親ばかシリーズ第3弾です。こちらをご覧下さい。
我が家のハリネズミ・おたわ君がえらいことに。
先日会社からトイレットペーパーの芯を拝借しておたわの家に
置いておきました。
そのときはまだ寝ていたのですが、夜中になると何やら
ガサッゴッカリカリコンッカッという不審な音が聞こえてきたのです。
「おいおい激しいな〜。どんだけはしゃいでんの〜」と、見てみると。

そこには芯に顔を突っ込んで暴れ回るおたわの姿が!

思わず写真を撮りました。
「やったー喜んで遊んでくれてる!」と思っていたんです。
しかし何時までたってもその状態で暴れているのでおや?と思い始め。
ふと筒の中のおたわと目が合った瞬間。

「抜けぬ。」

そんな声が聞こえました。そして何と悲痛な表情か。
やっと気付いてすぐに外してあげました。
ごめんよ・・・まさか顔がは抜けなくなるなんて思わなかった・・・。
あ、う◯ちが出ていたのでモザイク処理しました。
・・・尻尾だと思ったら違った。

コメントは受け付けていません。