ちいさなクック

20151217

ごきげんよう、小林です。
家の押し入れを漁っているとこんなものを
発掘しました。
幼い頃に履いていたらしい、子供靴。
(前の記事も靴だった気がしますが気にしない)
サイズは…11.5cm!?なんて小さい!
「靴」ではなく「クック」と呼ぶのが相応しいですね。

幼い頃の靴といえば。
私はずっと紐靴に憧れていました。
最初は友達もみんなマジックテープのスニーカーを履いていた
のですが、次々と紐靴へと履きかわり…。
「私もヒモのくつがはきたい!」と駄々をこねてみたところ、
「あんた蝶々結びできへんやろ」と言われ、買ってもらえませんでした。
そう、蝶々結びが出来なかったのです、私は。
それからというもの、紐靴を履きたいがために、頑張って毎日毛糸
で蝶々結びの修行をしました。
そして念願の紐靴を買ってもらえた!!と思いきや。
買ってきてくれたのは紐靴は紐靴だけど、その上から大きめの
マジックテープで固定するタイプのスニーカーだったんです。
ほどけたら危ないと安全に配慮してくれたのでしょうが、ちょっとがっかり。
そうじゃない、そうじゃないんだ…
結局、どう見てもマジックテープにしか見えないスニーカーで
過ごしたのでした。

コメントは受け付けていません。