暮らしのバイブル

100の基本

小林は文章がぎっしり詰まった本が苦手です。

かの有名なハリーでポッターな魔法少年の本も
1巻の10ページでギブアップという体たらく…。

そんな私のお気に入りは、松浦弥太郎さんが普段意識している
100の決まりごとを綴った「100の基本」です。

自分で自分の生活を見直すってなかなか難しい。
どこから見直せばいいの?どう見直そう?
と思ったら、この本がおすすめ。

ページをめくる度に、たくさんの「大切」を思い出させてくれる一冊です。

ページ数のわりにとても文字数が少ないので私でも短時間で読みきれたのですが、
思わずもう一度読み返していました。正に一冊二読ですね。

後ろの数ページで読者自信の「100の基本」を
書き込めるようになっているのも大変グッド。
私だけの特別な一冊です。

 

▼本日のブログに登場した松浦弥太郎さんのサイトはコチラ
くらしのきほん

コメントは受け付けていません。